瓜花便利帳

海外から原稿は送れるの?

Q1:海外から原稿は送れるの?
A1:もちろん送れます。

じゃあ実際どのように送ってるのでしょうか?
という訳で、Bali在住の作家・恒吉彩生子さんに色々お話を伺ってみました。

恒吉さん、以前は原稿を送るのに普通郵便を利用されてたそうです。
が、「大事な原稿、途中で行方不明になったらどうするの!無謀だ!」とお友達からアドバイスを受け、現在では「エアカーゴ」か「EMS」を使ってらっしゃるとか。

「EMS」?これは一体なに?
正確には郵便局の「国際スピード郵便」といいまして、書類と物品を一緒に送ることができるシステムです。世界各国色んな所に運んでもらえるのですねー。
相手方に確実に届く方式なので、宅急便と同じような感覚で使えます。配達経過を調べる「追跡システム」もあるので便利。

ところで。Baliの郵便局はどんな感じなのでしょう?

普通に町や村にあり、日本の田舎の郵便局とよく似た感じだそうです。ほほう、イメージ湧きますね。
営業時間が長くて、8:00〜19:30まで開いているとか。さらに土曜日も営業!羨ましい!
が、国民性なのかノンビリしていて、結構待たされたりもするそうです。あ、でもEMSなどのエクスプレス便の事務所は、エアコンも効いていて手続きも早いとか(笑)。
Baliの郵便事情も面白いですねー。

EMSについてはこちらをどうぞ。
EMSの料金目安はこちら。

************************************
インタビューに答えてくださった恒吉彩生子さま。
どうもありがとうございました!

関連便利ネタ