瓜花便利帳

使いやすいミリペンはないものか。

背景や小物を描く時に便利なミリペン(0.05?〜の細いマジック)や、ロットリングペン。
実はワタシの手にあまり馴染まないようで、何度もペン先を壊しています(涙)
便利なんですけどね〜、筆圧の関係か持ち方の癖か、やっぱ潰しちゃうんですよ。

で、PILOTのHI-TECの0.3?という、ペンをしばらく愛用してたんですが。
このニードルみたいなペン先のボールペン、やっぱりワタシの手の癖に馴染まないんですね(一体どんな持ち方してるんだ、ワタシ)。
調子いいときはいいんですが、たまーに線がかすれちゃう。それさえなければ便利なんだけどなあ…と思っていました。

そんなワタシが見つけた、強い味方。
三菱 uni-ball シグノ 『超極細0.28?』です!

もともとシグノは、ワタシが一番使いやすいペンではありました。が、それまでって一番細いので0.38?しか出てなかったんですよね。
最近になって0.28?の超極細を見つけ、試しに使ってみたら…おお!スラスラ〜っと線が描けるではないですか!なめらかな描き心地でしかも耐水性。
これは便利だ!と直感したワタシは、漫画仲間に紹介しまくりました(笑)そしたら結構評判がよくってですね。やっぱり皆、画材では苦労してるんですよねー。ちょっと嬉しかったです。

ちなみにワタシはこのシグノ0.28?で、吹き出しも描いてます。フリーハンドで楕円を描く時も重宝します。

小物を描く時、シグノの0.28?ではちょっと線が太いなーと感じたら、HI-TECの0.25?との併用をオススメします。太い線は0.28?で、細い線は0.25?で。これ、かなり立体的に見えるのでいいですよ〜。
ただし、HI-TECは消しゴムに弱いので、描いた後はなるべく触らないようにしてます。

さあ、今まで細いペンで苦労された方、
是非このシグノ0.28?にチャレンジしてみてください!

関連便利ネタ