瓜花便利帳

コピックとはなんぞや? その2 【ペン先事情】

手描き文字に活用しまくりのコピック。
「コピック買ったはいいけど、太すぎて使いにくい!」と思ってらっしゃるあなた。
実はコピックには換え芯があるんですよ〜。

太いバージョン5種、
細いバージョン4種、の全9種類。
元々ペンについてるのが、
太芯のスタンダードブロードと
細芯のスタンダードファイン。
これを好みの物に変えれます。

芯をトゥイーザーという毛抜きみたいなもので抜き、新しい芯を刺すだけ。インクがにじめば完了。簡単ですねー。
別に手でも抜くことは出来ます。多少手にインクが付きますが、ティッシュで包んで『えいや』と引けばOK。
(ワタシは素手でやってしまう。面倒でつい)。

しかし!ここでもまた問題が。
この換え芯、なんと「コピック専用」なのです。
つまり「コピックスケッチ・コピックチャオ」には使えないのです。
ええ!?そんなあ!!
そんな事言って、実は全部のコピックに使いまわし出来るんじゃないのぉ!?
と思ったワタシは画材屋Mさんの協力の下、試しにペン先交換をしてみました。

結果は?
…問題外でした(笑)

コピックのペン先はコピックにしか使えません。コピックチャオとコピックスケッチには、使いまわし出来ない事が証明されました。残念。
なので、色んなペン先を使いたいとおっしゃる方には、コピックが1番いいのかもしれないですね。

ワタシはコピックチャオに元々ついてるペン先だけでOKです。あんまり細かい絵柄じゃないので。塗り方も基本的には「雑」な方だと思いますよー。

関連便利ネタ