瓜花便利帳

ロットリングって? その2

さて。「背景描く時に使うと便利よ」
と教えてもらったロットリングペン。

このペンには「isograph(イソグラフ)」「rapidograph(ラピッドグラフ)」の2タイプあり
イソグラフのインクは注入式。
ラピッドグラフはカートリッジ式。
友達は「ラピッドグラフの方が手入れが楽で便利」と言ってましたが、
いつもお世話になってる画材屋Mさんは
「プロならイソグラフ!」と断言(笑)。
まあ使いやすい方を使えばいいと思います。

注入式とカートリッジ式では、インクの濃さが違います。カートリッジ式の方はペンのインク詰まりを防ぐ為に、乾きが遅くなる溶剤を加えてます。肉眼で見ても判んないですが、インク濃度は注入式の方が濃いのです。

このペンを使う時の注意点は以下三点。
1)使わない時は直ぐふたを閉める!
2)それもきっちりちゃんと閉める!
3)ペン先を上にして保存する事。
です。
ペン先が紙面に触れると中の軸が引っ込んで、インクが出てくるようになってます。中軸はペンの心臓部なので、インク詰まりは大敵。命取り。全く使えなくなります。
最悪ペン先の交換になりますが、この出費は痛いですよー。ペン一本を新たに買いなおすのと大差ないです。
なので、とにかく乾かないように注意してくださいね!丁寧に優しく使うと、長い事働いてくれるよいこなのです。

********************************************************
追加情報です!

洗浄等のケアをちゃんとするとニブ(ペン先部分)が長持ちするとの事。特に細いペンの場合はケアが大事。でもマメに使えば、そんなに神経質にならなくても平気な画材だそうです。
BBSへの情報提供ありがとう、かずいん様!

軽いケアなら、ぬるま湯でつけ置き洗いで十分です。
専用の洗浄液もありますので、あんまりインクが取れない場合はこっちを使うといいかもしれませんね。インクを入れっぱなしで長期間使わない場合は、勿体無いけどインクを捨ててしまった方がいいかも。

関連便利ネタ